Consultation Support

相談支援とは

障がい者とご家族の地域生活を支援します

地域で暮らす障がいのある方とご家族の地域生活を支えるため、専門の職員がニーズに応じて福祉サービス利用についての援助・調整・情報提供などを行います。
当社では訪問・来所・電話などの方法で相談をお受けしております。

相談支援専門員とは

相談支援専門員とは「身体上、もしくは精神上の障がいがあるなどの理由により日常生活を営むのに支障がある人に対し、日常生活や自立に関する相談に応じ、助言・指導・支援を行う専門家」のことです。
分かりやすく説明をすると、お年寄りで介護を必要とする方には「ケアマネジャー」に相談しますがそれと同様に、障害のある方は「障がい者版のケアマネジャー」である相談支援専門員はに相談します。
つまり、高齢者は「介護」、障がい者は「相談」という表現になります。

相談するメリット

例えば、障がいのある方が就労移行支援や就労継続支援(A型・B型)を利用したいとき、どのような施設でどのような支援が受けられるかご存知でしょうか?
どこにどのような支援施設があり、施設にどんな特徴があるのかを自分で探したり調べるのはとても大変です。しかし相談支援専門員は、そうした支援施設(これを社会資源といいます)に関する知識を持っているため、あなたの要望にマッチした支援施設を紹介することが短時間でできます。
相談を受けた相談支援専門員は、障がい施設等の利用に必要な「サービス等利用計画」作成して市町村に提出します。市町村より利用許可(支給決定といいます)が出ることにより、利用者様やご家族様が必要以上に手間をかけなくても済むようになります。

最適な支援のために

サービスの利用状況については定期的に検証を行い、必要に応じて利用計画の見直しを行います。(これをモニタリングといいます)
その結果、必要があると判断したらサービスの変更や助言、事業所等との連絡調整を行います。
一方、18歳未満の児童の場合、児童発達支援や放課後等デイサービスの利用ができるよう市町村へ申請を行い、精神障がいの方や医療的ケアの必要な方、難病の方には、生活に必要なヘルパーや訪問看護サービス、精神科リハビリテーションなどの利用計画を立てて連絡調整を行います。
こうした調整は自分で行うことはできますが、作業としてはとても大変です。くらしケアの相談支援では連絡調整を無料で代行しております。

当社の介護障がい相談センター

当社の特徴は、皆様の暮らしにまつわる様々な問題や課題をワンストップで相談し、解決へと導くことです。
障がい福祉に関することはもちろんのこと、医療や介護に関すること、住まいや家計相談、保険、相続などの相談にも対応することができます。
例えば不要な保険を見直して毎月の出費を減らしたり、生活にかかるお金の流れをご利用者様といっしょに「見える化」して支出を改善するためのアドバイスも可能です。必要な方には各地の社会福祉協議会と連携を取り、金銭管理サービスのご紹介もします。これらのサービスを利用することで無駄遣いの予防や、将来に向けて貯金をすることができます。
また、お子様の将来と親亡きあとがご心配な方には、安定した住まいを提供したり、自宅を収益物件化して障害年金を受け取りながら家賃収入を得るためのサポートも行うことができます。

上記はほんの一例ですが、私たちは皆様の暮らしにまつわる問題や課題を解決するための活動に日々取り組んでいます。

ご相談について

当社へのご相談は無料で承っております。
在籍する相談支援専門員は、看護師・保健師・ケアマネジャー・カウンセラーの経験が豊富で、障がい福祉はもちろん、医療分野の知識も豊富です。
医療の側面からケアが必要な精神障がいの方や重症心身障がい児、難病の方などの暮らし全般に対するアドバイスができる相談支援専門員ですので、より幅広い悩みやご相談にお応えすることができます。
一人でお悩みの方やご家族の方、どうぞお気軽にご相談ください。

総合相談窓口として

平成29年4月より岐阜市の委託相談支援事業所になりました。
岐阜市にお住まいの方で障がいに関することならどんなことでもご相談いただけます。
お気軽にご相談ください。

【岐阜市ホームページ】
http://www.city.gifu.lg.jp/9516.htm

サービス紹介
サービス紹介
スタッフ紹介
採用情報
会社案内

相談支援