Staff Introduction

ご利用者様のために頑張るスタッフを紹介

当社で働くスタッフ全員、利用者様が笑顔で過ごすことができるように日々サポートをしています。
「笑顔になってほしい」
「その人らしく暮らせるようサポートをしたい」
「いつまでも元気でいてほしい」
一人ひとりが利用者様に対していろいろな想いや考えを持ち接しています。
私たちは利用者様が毎日を楽しく、その人らしく暮らせるよう一丸となって取り組みます。

障がい者相談部門

STAFF 01

永井 杜椛

役職・資格
相談支援専門員
入社年
2015年

くらしケアについて教えてください

くらしケアでは役員、保健師、看護師、介護支援専門員として様々な役割を担いながら、 スタッフみんなが働きやすい職場を作り、スタッフ一人ひとりの自己実現と幸せを願う日々を送っています。
代表と一緒にくらしケアを創って1年半。くらしケアの理念に共感して入社してくれたスタッフも13名に増えました。
 
普段の私は、くらしケア介護障がい相談センターの管理者として、様々な障がいをお持ちの方々の相談業務をしています。
障がい児さんや障がい者、そしてそのご家族が地域で安心してその人らしく生活できるように、その人に合わせた様々な障がい福祉サービスのご紹介と、 福祉だけではなく、医療・教育・行政などの関係機関との連携を大切に仕事をしています。

今までで一番印象に残っているのは、精神障がいのセルフネグレクトの男性のゴミ屋敷となってしまったアパートの大掃除を手伝ったことです。
何年もかかって降り積もったゴミの山にはその方の歴史があり、自分ではどうすることもできなかったこと、困っていてもヘルプが出せなかったことを感じました。 トラック3杯分のゴミを捨て、すっきりした部屋を見渡した時、人はきっかけさえあればいつでも生まれ変われると感じました。
現在は、障がい福祉サービスを上手に利用しながら、くらしケアの訪問看護が寄り添いその人らしく生活をされています。
 
これまで様々な仕事に携わってきましたが、障がいのある方の強み(ストレングス)を引き出して意思決定を尊重し、希望を見いだす相談支援専門員の仕事にとてもやりがいを感じています。
くらしケアが地域に必要とされ、世の中に役立つ企業になれるよう、これからも精進していきたいと思います。

訪問看護部門

STAFF 02

眞榮 和紘

役職・資格
管理者・看護師
入社年
2016年

なぜ訪問看護師になろうと思ったのですか?

祖母が要介護5で寝たきり状態の中、訪問看護を利用しながら家族みんなで介護をしていることで、私も在宅療養生活を支える一員になりたいと思うようになったのがきっかけです。
また、病院に勤めていた時、障がいを抱えた入院患者さんが退院する前に、地域の相談員や訪問看護や訪問介護といった方々と退院前カンファレンスを開いて、退院後の自宅での療養生活の調整を行う業務をしたことで、“病気や障がいを持った方が家で生活する”ということを支えたいと思うようにもなりました。

2025年問題を控え、今後は訪問看護やデイサービス・老人ホームといった介護施設や障がい者施設など、“生活の場”での看護がとても重要になってきます。
これからは、医療ニーズの高い方を病院ではなく、地域で支えていく時代になっていきます。
このようなことから、私は訪問看護師として働こうという思いに至りました。

医療現場でのキーワードが“救命”や“治療”だとしたら、もちろんそれもとても大切なことですが、生活の場でのキーワードは“豊かな生活”や“自分らしく生きる”ということになります。
これが人それぞれでおもしろいのです。
医療や治療中心の看護とは違い、効率やスピードを求めていては得られない生活の豊かさや価値観、生き方の多様性を学ぶことができるのが訪問看護の魅力です。
みなさんも、一度訪問看護の世界に足を踏み入れてほしいな、と思います。
くらしケアで是非一緒に働きましょう!

メッセージをお願いします

くらしケアの訪問看護では、仕事を通じて自己実現できる環境を提供しています。
2016年2月からスタートしたくらしケアの訪問看護。歴史は浅いですが、想いはとても深いスタッフたちのメッセージがたくさんあります。 彼、彼女達の言葉を通じて未来のあなたの姿をぜひ想像してみてください。きっと笑顔が溢れているに違いありません。

STAFF 03

河合 孝宣

役職・資格
准看護師
入社年
2016年

なぜ訪問看護師を目指そうと思ったのですか?

私は精神科の病棟で勤務をしていましたが、何度も何度も再入院を繰り返す患者様が多かったのです。
その患者様が退院後も快適に生活できるようにするにはどうしたらよいかと思い、自宅での生活をサポートする訪問看護に興味を持ちました。

くらしケアに入社しようと思ったのは何故ですか?

利用者さんの暮らし全体をケアして、生活をよりよいものにしようという考えに惹かれました。
「明日が待ち遠しい」そう思える企業理念に沿いながら、訪問看護に行くことを毎日楽しみにしています。
「来て欲しい」と言ってもらえる利用者さんの言葉は本当に嬉しくてやりがいを感じます。
利用者さんの笑顔を見ると、この仕事をやっていて本当によかったと思えます。

STAFF 04

木田 裕子

役職・資格
看護師
入社年
2017年

なぜ訪問看護師を目指そうと思ったのですか?

病院で働いていた時に退院後はどんな生活をされているのだろうと思っていました。 また、外来にみえる方でも、薬をもらった時には理解出来ても、家に帰ると忘れてしまい、薬をきちんと飲むことが出来ず、症状が悪化される方や、わからないことや気になることがあっても、誰に相談していいのか、わからないため1人で悩んでしまう方がみえました。
在宅でも安心して、その人らしく過ごせるよう、お手伝いしたいと思い訪問看護を選びました。

実際に訪問看護を始めてみてどうですか?

実際に訪問看護を始めてみて戸惑いばかりでした。
利用者様の話しを傾聴し、思いに共感することの大切さや表情に気をつけて話すことの難しさを感じています。
先輩スタッフに同行訪問し、初対面では緊張と警戒で視線を合わせることがなかった利用者様が、2回3回と訪問する内に少しずつ視線が合う回数が増えていき、和らいだ表情を見せていただけた時には、嬉しい気持ちになりました。
まだまだわからないことばかりですが、これからも訪問看護を続けていきたいと思っています。

STAFF 05

黒田 直子

役職・資格
看護師
入社年
2016年

くらしケアに入社しようと思ったのは何故ですか?

私は看護師としてのブランクが10年程あり、あまり自信がありませんでしたが、知人にボランティアナース・キャンナスの仕事を紹介され、 “私にもできることがあれば”と思い、話を聞きに伺ったのがきっかけでした。
その結果、雇用となり、くらしケアに入職しました。

くらしケアの職場環境について教えてください

初めての訪問看護職でしたが、一人立ちするにも時間をかけ、丁寧に教えていただきました。また、 一人で訪問するようになってからの難しい判断も、報連相をすることで、しっかり対応していただいています。
希望の休みが取りやすく、子どもがインフルエンザにかかった時などは、お休みをいただき、子どもの傍にいられることができました。小さな子をもつ身としては働きやすく、ありがたい職場です。

訪問看護にチャレンジされる方へメッセージをお願いします

訪問看護は病院や施設と違い、一人の利用者さんに一定の時間しっかり向き合えるので、やりがいを感じています。利用者さんが自分の家で安心して暮らしていけるよう、共にサポートするスタッフが増えるといいなと思います。

STAFF 06

三島 由佳

役職・資格
看護師
入社年
2016年

実際に訪問看護を始めてみてどうですか?

様々な科で看護師としての経験を積んだうえで訪問看護に・・・というのが入職前の私が抱いていた訪問看護師のイメージでした。
臨床経験が少なく、看護技術も知識も未熟である自分に本当に務まるのだろうか、という気持ちや今まで勤務してきた病院とは大きく異なり、自分自身にかかる責任の重さや医師の不在、利用者様との信頼関係の構築ができるのかなど、不安な中でのスタートでした。
しかし実際に訪問看護を始めてみると、スタッフ間や医師、他職種との連携は密に行われており、不安な点や疑問な点はすぐに相談することができる環境がありました。
更に私の感じた訪問看護の1番の魅力は、一人ひとりの利用者様やご家族とじっくり向き合うことができるということでした。 30分~1時間程の訪問時間の中で利用者様やご家族の方へ全力をかけることができるというのは、今まで勤務していた病院とは大きく異り、私の理想の医療だと感じました。 その方らしい、その方が望む生活が送れるようにお手伝いすることができ、小さな良い変化、笑顔や言葉に私自身、いつも元気をいただいています。
明日もまた頑張ろうという活力となっています。

くらしケアの職場環境について教えてください

訪問看護は未経験でしたが、先輩方が一人立ちができるまでサポートをしてくださいました。 定期的にカンファレンスも行っており、今後の看護の方向性を共有し、確かなものにした状態で次回の訪問へ望むことができます。
また、現在産休・育休を取得しており、育児に日々を費やすことができています。 急な子どもの体調不良や休校にも相談しやすく柔軟な対応をしてくれて、妊娠・出産・育児の全ての期間においてとても働きやすい職場です。

訪問看護にチャレンジされる方へメッセージをお願いします

やってみたいという気持ちがあれば大丈夫です。
上司や先輩に相談ができる環境にあるため、一人で悩むことなく訪問に臨むことができます。

サービス紹介
サービス紹介
スタッフ紹介
採用情報
会社案内

スタッフ紹介